採用情報

Cool head but Warm heart―冷静な頭脳と温かい心―

佐藤 正規

会社の歯車ではなく、自分の経験を活かし、自ら会社を動かすおもしろさ。

 大学卒業後、6年間大学院で基礎研究をしていました。ちょうど研究が一段落した頃、実家のある福島の病院で働き始め、薬局長を務めました。その後、鶴岡への転居をきっかけに就職活動をすることに。就職先を探していたら転職エージェントからコム・メディカルを紹介されました。面談で会社の展望などに将来性を感じ、入社を決意しました。

佐藤 正規
平成21年入社
ハート調剤薬局 鶴岡店 管理薬剤師・薬局安全管理業務担当
北海道医療大学薬学部卒業
コム・メディカルは柔軟な会社。
私たち薬剤師の意見を取り入れてくれます。

 私は高校卒業後、派遣会社に勤務して、様々な業種を見てきました。その後、大学に入学し、卒業後は大学院に進学して基礎研究を6年やりました。その後福島の病院内の薬局に勤務。薬局長も経験しました。一度社会に出てから学生に戻ったという意味では薬剤師業界の異端児かもしれない。業界を客観的に見ることができるので、自分なりの意見も言えます。
 面接時、社長と山形の統括部長から将来性のある話を伺いました。特に当時はまだ薬剤師も充分ではなく、人材育成に力を入れたいとのこと。「ここなら会社の歯車ではなく、自分の経験を活かせる!」と入社を決めました。すでに新人を2人育てたので、少しは貢献できたかな、と思っています。当店が付いている病院は、ドクターの処方がオーソドックスで素晴らしく美しい。新人が調剤に馴染むのにピッタリの店舗です。
 また、「会社に要望はありますか?」と入社時に質問されたので、「おかしいと思ったことは、どんなこともしゃべらせて欲しい」とお願いしました。これは今も守ってもらっています。当社は柔軟で、私たち薬剤師の意見を取り入れてくれる。個人的なわがままにならなければ、キチンと話は聞いてくれる。気軽に社長や部長にも電話できますよ。

できる人間、やりたい人間が
会社を動かしています。

 私は当社の薬局安全管理業務担当です。何種類か部門がありますが、その部門設定や担当選びは会社側の押し付けでなく、薬剤師が自主的にやりたい部門をつくり、手を挙げています。会社が組織を固める前にそういう人間が出てきて担当制が始まりました。薬局安全管理業務担当以外にも、論文発表を支援する学術担当や調剤過誤対策委員などがいます。このように当社は、できる人間、やりたい人間が会社を動かしていけるのです。
 では、私の部門は何をしているかというと、薬局のマニュアルや手順書の改訂などを行っています。薬剤部長から全店舗の事例やトラブルの報告を受け、どう対策を講じるかを検討します。また、会社の成長に合わせてルールを見直す必要もあり、これらの結果を全店舗へ発信しています。
 ちょうど私のいる鶴岡エリアは、総合病院前もあれば単科前の店舗もある。薬局の規模も多様で、連携も良く取れているしモデルケースに適している。社内全体に発信する前にまず当店でテストして、それから鶴岡エリア内で検証する、ということもしています。
 さまざまな工夫をして、自ら試して、全店舗へと広げていく。ルール作りの中には他社と差別化するために「コム・メディカルの色」を加えることも大事です。

当社はやる気さえあれば、
会社組織全体という広い世界を見渡せます。

 現場の経験は重要ですが、その店舗だけの都合か、会社全体として有益か、見極めが必要。これらを集約する意味でも社長たちに直接話ができる環境は良いですね。今後も、どの地域でもコム・メディカルのサービスが同じ品質になるように、同時にレベルの底上げもしていきたいです。
 当社はやる気さえあれば、自分のいる店舗だけでなく、会社組織全体としての薬剤師のあり方を考えられる。日々の業務だけではこじんまりしますから、おもしろ味がありますよ。

就職・転職を考える皆さんへ

 一生懸命やる人間であれば、どんな人もやっていける。自分の意志、意見を持った人間が集まれば、会社はもっと成長できます。会社から言われたことで動くのは楽ですが、自分で考えたい人、やりたい人は、ぜひコム・メディカルへ来てください。まだ固まっていない会社ですから、いろいろな世代、いろいろな意見がある人に集まって欲しい。そして一緒にたくさん話ができたら一番いいと思います!

薬剤師の一日

佐藤 正規
薬剤師募集(新卒)(キャリア)メッセージ

コム・メディカルグループ

コム・メディカルグループ
ページの先頭へ